【初めてのバイク購入】バイクライフを快適に過ごすための必要アイテム3選!!

  • URLをコピーしました!
茶太助

この記事は、
初めてのバイク購入を経験した筆者が、
【バイクライフを快適に過ごす為に必要アイテム】

を紹介しています。

記事の内容
  1. 初めてのバイク購入はドキドキ!
  2. ツーリングで必要な”アイテム3選”
  3. まとめ

バイクライフを快適に楽しく過ごすには、数多くのなアイテムが存在します。

ライダー自身の疲労を軽減するものだったり、ツーリング中の盗難防止対策だったり、走行時の利便性を高めるアイテムだったりと様々です。

何を準備したらいいだろう?

今回は、バイクを初購入して、ツーリングを経験した筆者が感じた”バイクライフを快適に過ごすためのアイテム”を紹介させて頂きます。

私と同じく初めてのバイク購入で何を準備したら良いか分からない方の参考になれば幸いです。

こんな方にオススメ!
  • 初めてのバイク購入の方
  • バイクライフを快適に過ごしたい方
  • 他者の意見を知りたい方
目次

初めてのバイク購入はドキドキ!

私自身、『このバイクが欲しい!』『このバイクに乗りたい!!』といった気持ちはなく、ただ単純にバイクに乗ってみたいという長年の気持ちで免許取得を決意し、バイク購入に至りました。

詳しくは過去ブログをどうぞ!!↓

そんな私でも、いざ購入を考えバイクショップを巡るのは楽しく、YouTubeなどで試乗動画やレビューを観て想いを募らせていきました。



私が購入したバイクは、『HONDA CB250R』です。

出会いは突然に訪れ、中古車だったのですが、前のオーナーさんが本当に欲しかったバイクが手に入った為に購入後すぐに手放したバイクで、状態・装備・走行距離など初購入の私にはぴったりのバイクでした。

あとは”このチャンスを逃さない覚悟だけ”です。



高い買い物であることは変わりありませんが、「一度逃したチャンスはもう二度と戻ってくることはない」と経験上感じていたので、その場で即決しました。

そして、初納車→初公道という初心者バイカーが越えなければならない壁を越え、ツーリングを楽しむまでになっています。

茶太助

バイク購入は覚悟と勢いが大事!!



さてここからは、そんな初心者ライダーがバイクライフを快適に過ごすために必要だと思うアイテムを紹介していきます。

実際に、私が使用しているものですので、効果は感じております。是非、ご覧下さい。

ツーリングで必要と感じた”アイテム3選”

私が実際にバイクに乗ってみて『これ必要だな!』と感じたことや、ツーリングに行って『これがあったら安心だな!』と感じたものを実際に購入し、取り付けたアイテムをメリット・デメリットを踏まえて紹介させて頂きます。

どんなことにも良い面と悪い面があります。

ご自身の状況や用途によって検討してみて下さい。

風防(スクリーン)

『風防(スクリーン)』とは、
ライダーが運転中に直面する風や空気の流れを、バイクの前方に設置された板状の部品でカットする役割を持つもの。

私が購入した『CB250R』はネイキッドタイプのため、風防がなく、走行中は風圧を直に受けることになります。

納車後の初公道運転の時に、風圧をかなり感じたために風防の購入を検討しました。

茶太助

風圧は意外にキツい・・・

こちらが「風防なし(純正)」と「風防あり」の写真です。

この風防は『CB250R』専用品ですので、購入検討される方はご自身のバイクで検索してみて下さい。

Amazonなどで『バイク名_風防』等でヒットすると思います。

【風防のメリット】
⇨風を遮ることで、ライダーへの疲労軽減

【風防のデメリット】
⇨大きな風防(汚れや雨など)により視界が遮られ、運転に影響がでる可能性がある。
⇨バイクのデザインが損なわれる。

実際にツーリングに行ってみて、風圧の軽減を実感出来ました。

想像していた以上に、体への疲労もなく、購入して良かったと感じています。

見た目が損なわれるリスクもありますが、私自身、風防ありもデザイン的に好みなので満足です。


風防にもいろいろなタイプや種類があるので、デザイン性・機能性・視界性能を考慮してご自身に合ったチョイスをしてみて下さい。

カスタムもバイクライフの楽しみ方だと思います。

茶太助

カスタムも楽しみの一つ!!

スマホホルダー+バイクインカム

今や車には「ナビ」が搭載されているのが当たり前になってきました。しかし、バイクにはありません。

そんな問題もスマホが解決してくれます。



皆さんもこう思ったことはないでしょうか?

スマホがあれば、「ナビ」っていらなくない?

そうです!スマホが全ての機能を網羅しているのです。

そんな素晴らしいアイテムであるスマホを、バイクのハンドル付近に固定出来るアイテムこそ『スマホホルダー』です。

【スマホホルダー】メリット
・ナビ機能を利用出来、目的地までの道順を簡単に確認出来る。
・音楽や通話を楽しめる。

【スマホホルダー】デメリット
・スマホの落下リスクがある。
・雨天時にスマホが濡れる。
・バイクの振動でカメラ機能に不具合が出る可能性がある。

正直な話ですが、スマホホルダーは賛否両論で「付けない方がいい!」と言ってる方もいます。

私も最初は迷っていましたし、万人にオススメ出来るとは思っていません。

しかし、より快適にツーリングを楽しむにはやはり必要だと感じています。



私が購入を決意したYouTube動画を紹介させて頂きますので、よろしかったらご覧の上、ご検討ください。

こちらで紹介しているスマホホルダーを現在使用していますが、今のところは問題なくバイクライフを楽しめています。

スマホホルダーと一緒に準備したいのが、『バイク用インカム』です。

ヘルメットに簡単に取り付けができ、スマホと接続することで「音楽」「通話」が楽しめ、インカム単体での複数接続により複数人と通話しながらのツーリングが楽しめます。


私が購入したのは1万円くらいのモデルなのですが、十分快適に過ごせています。

音質やオプション機能は低いとは思いますが、初めてのインカムには十分だと感じます。

ご自身の使用用途やご予算など考慮してご検討ください。

ヘルメットホルダー

ツーリング中の休憩や食事等でバイクにヘルメットを置いて、その場から離れることが多くあります。

私はツーリングの途中で温泉に入るのが楽しみなのですが、ヘルメットをハンドルやミラーにかけて置くだけでは盗難のリスクを回避出来ません。

先に紹介した『インカム』を装着していた場合もそのリスクが上がってしまいます。



そこで盗難のリスクを下げるアイテムが『ヘルメットホルダー』です。

ハンドルに取り付けるタイプや、ミラー部分に取り付けるタイプなど種類は多くあります。



私は愛車の『CB250R』用の『ヘルメットホルダー』が販売されていたので、そちらを購入し取り付けました。

盗難を抑制するには、相手に『めんどくさいな・・・』と思わせることが大切です。

本気で盗もうとしたら『ヘルメットホルダー』にセットしてあっても盗まれるでしょう。

しかし、相手も余程のことがない限りそんなリスクは取らないはずです。

  • 『ただ置いてあるヘルメット』
  • 『ヘルメットホルダーにセットされてあるヘルメット』

どちらが盗みやすく、とっさの犯行でもリスクが低いでしょうか?

茶太助

戻ってみたらヘルメットがなくなっていた・・・

そんなことが起こらないように対策をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、【初めてのバイク購入】バイクライフを快適に過ごすための必要アイテム3選!!というテーマでまとめています。

PICK UP

①風防(スクリーン)
→風圧による疲労軽減。

②スマホホルダー+インカム
→ナビゲーションや通話を楽しむ。

③ヘルメットホルダー
→ヘルメットの盗難対策。

今ではたくさんの便利なアイテムが存在し、これ以外にもバイクライフを充実させるアイテムは無数に存在します。

私自身、初めてのバイクで何をすればいいのか、何が必要なのかわからなく失敗をした買い物もあります。

今回の情報が、これからバイクライフを迎える方のお役に立てれば幸いです。


お互いに安全で楽しい『バイクライフ』を過ごしていきましょう!

茶太助

今日が明日へのスタートライン
です!

茶太助
「筋トレ」「バイク」「アクアリウム」が趣味の30代男性。

『自分を変えたい!』と強く思い、学び、行動し、失敗し、成長してきた過程をブログで発信しています。

私の様に”過去に苦しんだ”方や”今を変えたい”方の背中を押す事が出来れば幸いです。

『当サイトでも使用しています!』

シンプルなデザインと直感的な操作で使いやすいテーマです。

『SWELL』で快適で楽しい”ブログライフ”をお楽しみ下さい!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次