【CB250R カスタム紹介】バイクのカスタムにはどのくらいお金がかかる?

  • URLをコピーしました!
茶太助

この記事は、
CB250Rのカスタム
を紹介しています。

記事の内容
  1. CB250Rのカスタム紹介
  2. カスタムの「メリット」「デメリット」
  3. まとめ

バイクを購入して早1年が経とうとしています。今思えば、あっという間で楽しいバイクライフが過ごせたと思っていますが、ふと考えるといろいろなカスタムをしてきたなと思う反面、こうも思い始めました。

茶太助

いくら使っているんだ・・・?

バイクは趣味性が高い乗り物です。
楽しみ方もさまざまで、”ツーリングを楽しみたい””カスタムをして楽しみたい””眺めていたい”など人それぞれですが、『カスタム』して『自分だけの一台』にしたいと考える方もまた多いと感じます。

茶太助

自分だけのバイクにするぞ!

今回は、そんなバイクのカスタムについて、私自身のカスタム歴を紹介しつつ、今後バイクカスタムを考えている方の参考になればと思い、まとめさせて頂きました。”このカスタムでこの位のお金が掛かる””このカスタムでこんな感じになる”など皆さまのバイクライフの一助になれば幸いです。

こんな方にオススメ!
  • CB250R乗りのカスタムを知りたい方
  • バイクのカスタム費用を知りたい方
  • バイクカスタムのイメージを知りたい方

【CB250R】カスタム紹介

今回、私が一年かけて行ってきたカスタムを費用も合わせて紹介していきます。写真も添付いたしますので、費用とカスタムイメージを参考にして頂ければ幸いです。(※費用はカスタム当時の値段となります)

まずは購入日のノーマル状態の写真です。中古の為、前のオーナーさんが「ブレーキレバー・クラッチレバー」の交換をされており、USB電源とドライブレコーダーが付いていました。ここも購入の決め手でもありましたね。

cb250r

ここから、少しずつカスタムを行い、徐々に自分だけのオリジナルになっていきました。カスタム沼と言われるように最初はこれだけやって終わりにしようと思っていましたが、気が付けばあれもこれもとカスタム欲が湧き散財していったわけです。

しかし、後悔はしていません。その為にお金の管理も学べましたし、カスタムの為に頑張れるようにもなったので、いい趣味が出来たと感じています。

それではカスタム一覧とイメージ写真をご覧ください。

  • メーターバイザー(スクリーン)・・・¥8,725
  • ハンドルグリップ・バーエンド交換(2りんかん)・・・¥9,790(工賃込み)
  • モリワキ スリップオンマフラー・・・¥60,610
  • モリワキ フロントパイプ(エキゾーストパイプ)・・・¥47,108
  • サイドスタンドカバー・・・¥2,380
  • キーボックスカバー・・・¥1,099
  • メーターフィルム・・・¥1,075
  • ブレーキペダルカバー・・・¥2,188
  • ETC取付(レッドバロン)・・・¥32,780(工賃込み)
  • ミラー(左右)・・・¥11,123
  • ラジエーターカバー・・・¥4,168
    Total:¥181,046
cb250r スクリーン
cb250r モリワキマフラー
cb250r モリワキエキパイ
cb250r バーエンド
cb250r モニタフィルム
cb250r スタンドカバー
cb250r napoleon mirror

改めて実際に使った費用を計算するとビックリしますね。実際は、ウエアやヘルメット、シューズなどの運転する上で必要なものや、シートバックやヘルメットホルダーなどのツーリングに便利なグッツ等を購入しているので+αで掛かるもののバイクは趣味性が高い乗り物なので覚悟の上だったりします。

カスタムはやり始めればキリがないので、自分はこの辺で一旦落ち着こうと思っています。カスタムを考えている方も予算とやりたいカスタムを決めて、自分だけの一台をデザインしてみてください。

カスタムの「◎メリット」「×デメリット」

カスタムは個性を発揮し、自分だけの特別な一台に仕上げることが出来ます。ただ、私自身もこうして実際に使ったお金を計算してみて驚愕してしまうほど、お金は飛んでいってしまいます。

私自身はかなり満足していますが、何も考えず欲望のままにカスタムをしてしまうと思いもよらない事態に陥ってしまうかもしれません。

ここではカスタムのメリット・デメリットを紹介させて頂きます。

①個性化・独自性
☞世界で唯一のオリジナルバイクが作れる。
②パフォーマンスの向上
☞サスペンションやブレーキをアップグレードすることでバイクのパフォーマンスが向上する。
③愛着の向上
☞所有者の手で作り上げることで愛着がわく。

①コストがかかる
☞部品やパーツに多額の費用がかかる
②保証の失効
☞カスタムパーツの取付や変更により、バイクメーカーの保証が無効になる可能性がある。
☞車検不適合になってしまう可能性がある。
③予期せぬトラブル
☞カスタムにより故障やトラブルになる可能性がある。

カスタムは自分の個性を出すことが出来ると共に、バイクをより好きになるバイクライフの醍醐味の一つです。

しかし、計画性もなく、何も調べずにカスタムを行うと金銭的にもバイク事態のトラブルに繋がる可能性があり、車検不適合のカスタムを知らずに行ってしまう恐れもあります。

カスタムは自己責任です。決められた範囲で自分の納得のいく形でバイクライフを楽しんでいきましょう。

まとめ

今回は、【CB250R カスタム紹介】バイクのカスタムにはどのくらいお金がかかる?というテーマでまとめさせて頂きました。

PICK UP
  1. CB250R カスタム紹介
    ☞一覧で費用も記載
  2. カスタムのメリット・デメリット
    ☞カスタムは自己責任。
    ☞ルールを守れば楽しくカッコいい一台に!

バイクは趣味性が高い乗り物です。カスタムもバイクの楽しみ方の一つであり、魅力でもあります。
私自身はカスタムをして後悔はしていませんし、お金をかけて行って良かったと思っています。その分、頑張ってお金を貯めようともしますし、節約術や生活の見直しにも繋がりました。

近年の物価高でなかなかカスタムも難しくはなってきましたが、お金を掛けるだけがカスタムではないと思っています。ほんの小さな変化で自分にしか分からないポイントだとしても、その価値はあると感じます。自己満上等です。

皆さまもルールを守り、楽しいバイクライフをお過ごし下さい。

茶太助

今日が明日へのスタートライン
です!

茶太助
「筋トレ」「バイク」「アクアリウム」が趣味の30代男性。

『自分を変えたい!』と強く思い、学び、行動し、失敗し、成長してきた過程をブログで発信しています。

私の様に”過去に苦しんだ”方や”今を変えたい”方の背中を押す事が出来れば幸いです。

『当サイトでも使用しています!』

シンプルなデザインと直感的な操作で使いやすいテーマです。

『SWELL』で快適で楽しい”ブログライフ”をお楽しみ下さい!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次